FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHITE ALBUM2 2013年秋 アニメ化

いまさらですが『WHITE ALBUM2』が2013年の秋にアニメ化決定。今から秋が待ち遠しいです。

アニメ化の話を知り、前から興味があったことからプレステ3版をプレイした私ですが、良い意味で衝撃を受けました。
もともと前評判の高い作品でしたがここまで自分に影響を与える作品になるとは正直思っていませんでした。WHITE ALBUM の名前から修羅場系作品だろうとビビッて手を出すことを躊躇していたことが悔やまれます。まあ、修羅場系小説結構好きなんですけど。
特に影響を受けたのは音楽です。最近ではWHITE ALBUMの曲ばかり聴いている気がします。(届かない恋など)

何か書けば絶対ネタバレになってしまいそうなのでゲームの内容はあえて触れません。それでもWHITE ALBUM2に少しでも興味を持った人はプレイすることをおすすめします。秋にはアニメ化しますし、その予習を兼ねてプレイしてみてはいかがでしょう。


PV IC版

ps3体験版



スポンサーサイト

コメント御礼申し上げます

 まず初めに、コメントをくださった方々へ御礼申し上げます。
 温かいコメントをいただき大変励みになっております。
 今後もゆっくりとですがおすすめのネット小説を紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 さて、そのコメントの中に『作品の紹介に大まかでも評価をつけたほうが良いのではないか』というコメントを頂きました。そのことについて返信したいと思います。

 確かに作品を紹介する上で評価が分かるほうがより良作を探しやすくなります。
 それに、評価が分かれば紹介している人が自分とどれくらい感性が近いのかも分かる目安にもなります。
 では、なぜ評価をつけないのかというと

1あまり紹介する作品に優劣をつけたくないため
2連載中の作品では話の展開によって著しく評価が変動する場合があるため
3正直、評価の判断が非常に難しいため

 以上の三つが主な理由となっております。
 本当ならば評価をつけたほうが小説紹介ブログとしては便利なのでしょうが、当ブログでは評価をつけない方針でこれからも続けていきたいと思いますのでどうかご了承お願い申し上げます。

 ただ、各記事の下には拍手ボタンがあります。その拍手数によってどの小説を読んでみるか判断するのもいいかもしれません。
 ですので、もし面白いと思った作品がありましたらよろしければ拍手ボタンを押してやってください。
それでは、コメントありがとうございました!

劇場版 ジャングル大帝 5月5日Eテレで放送

5月5日にEテレで15:00より『劇場版 ジャングル大帝』が放送されます。

 この作品は1997年に製作された映画で、ジャングルの王者である白いライオンの親子三代にわたる物語のうち、原作の第三部を描いた作品です。

 この作品、昔一度観た覚えがあるのですが正直かなり内容を忘れていたのでまた放送してくれるのは非常にありがたいです。
 子供の頃、ラストの展開が衝撃的で内容はほとんど覚えていませんがラストとEDの曲だけは覚えています。

EDは松たか子さんの『WIND SONG』
壮大な感じの曲で『劇場版ジャングル大帝』に非常にマッチした曲だった覚えがあります。


5月5日15:00よりEテレで放送予定ですので、興味のある方は観てみてはいかがでしょう。

ふしぎの海のナディア 4月7日よりEテレで放送!

4月7日より1990年から1991年に放送された『ふしぎの海のナディア』がEテレで放送決定。
今より20年以上前の作品がデジタルリマスター版となって放送されるわけですが、正直楽しみでなりません!

かなり昔に一度観た覚えがあるのですが、いかんせん昔過ぎて内容を覚えていないのが現状です。
これを機にじっくりと、ふしぎの海のナディアを楽しんで観たいと思います。

昔観たときはハラハラドキドキして観ていた覚えがあるのですが、年月が経った今、改めて昔のアニメを観ると自身がどのように感じるのか?というのもちょっとした楽しみの一つです。

全39話と長い作品ですが、興味のある方は一度観てみてはいかがでしょう。

気になる方は3月31日(土)17:55に放送される『ふしぎの海のナディア』徹底研究!見どころ大公開スペシャル~をチェックしてみてください。

それにしても、この放送を機会に『無人惑星サヴァイヴ』とか昔のアニメをもっと再放送してくれないだろうか………。

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

web漫画『ネバーランドでつかまえて』

web漫画の『ネバーランドでつかまえて』を紹介したいとおもいます。

 『ネバーランドでつかまえて』は以前紹介したweb漫画『人生ゲーム』の作者様の新作で、『少年時代をもう一度』というコンセプトのもとに開発された国産VRMMOゲーム『never land オンライン』の世界を舞台に繰り広げられる物語です。

 主人公は運営内部サポートキャラで黒髪ロングが可愛らしい黒川あゆり嬢です。が、実はこの女主人公の中身は、作中で明言されていませんがおそらく男性です。つまりこの作品は男が女になってしまったTS作品なのです。
 正直な話、今までTS系の作品は個人的偏見から敬遠していたのですがこのweb漫画を読んでみると、可愛らしい女の子が男らしい言動をするギャップが思いの外面白くて、TS作品も良いかもしれないと考えを改めさせられました。食わず嫌いはいけないということですね………。

 この作品は、みんなで学生時代を今一度体験しよう!といった感じで青春のお約束とされる数々のイベントをみんなで体験していくのが主な内容です。また、VRMMO世界が舞台ということから青春イベント以外に課金アイテムネタ等もあってVRMMOに馴染みのある方にはクスッとくるネタが随所にあったりします。まだ作品が始まったばかりなのでイベントもページ数も多くはないのですが、作品のノリが良くてとても面白いので、個人的に最近更新を楽しみにしている作品です。

 自分達が経験し、もう戻ることが出来ない学生時代。そんな学生時代をもう一度体験することができる『never land オンライン』。そこで繰り広げられる青春のお約束といえるイベントは懐かしさから思わず笑いが込み上げてくるものばかりですので、興味のある方は是非一度読んで確認してみてください。おすすめです。



掲載サイト様を紹介します。
掲載サイト作者様
廃人への人生岐路
(web漫画サイト)
由家様

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

tag : 学園 VRMMO TS webコミック コメディ

拍手コメントの御礼!

 今回、拍手コメントを頂きましたのでそのお礼をここで返信したいと思います。
投稿者の方々のお名前は公開してほしくない方もおられると思うのでここでは書きませんが、コメントを下さった方々へ是非感謝の言葉を贈りたいと思います。
 
 『このブログでお気に入りのssに出会うことが出来た』というありがたいコメントをいただきまして誠に有難うございます。個人的に面白いと思ったssを紹介するこのブログが皆様のssの探索に役立てたことが実感できてとても嬉しかったです。
 このブログは私の好きなssのリンク集としての役割と、そんな私の好きなssを是非皆様にも読んで欲しいという想いから造り始めたブログです。ですので今回、好きなssを見つけることが出来たというコメントをいただけて非常に嬉しかったです。これからもゆっくりとですが個人的におすすめのssを紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
 改めてコメントを下さった方々へ感謝の一言を。コメント有難うございました!

 
 あと大変申し訳ないのですが、拍手コメントの返信が遅れてしまうことがあると思います。コメントは必ず全て読ませていただきますので、コメント返信についてはどうか長い目で見ていただければ幸いです。

theme : 雑記
genre : その他

おすすめアニメ『To Heart』

 いきなりですが、近頃ギャルゲーが原作のアニメが増えてきている気がします。最近ではクラナドやアマガミが有名ですが、その他にもKANONやシャッフル、D.C.やef、乙女はお姉さまに恋してる、うたわれるもの、AIR、君が望む永遠などたくさんアニメがあります。その中で今回おすすめしたいのは1999年に放送したアクアプラス(Leaf)の『To Heart』です。

 この作品は、ギャルゲ原作のアニメなのですがエロい描写が一切ありません。ギャルゲが原作なので個性的な女の子たちが多数登場するのですが無駄にいちゃいちゃするのではなく、ほのぼのとした日常を描く学園青春アニメなので作品から感じる雰囲気はギャルゲというよりどちらかというと少女漫画に近い感じがします。
 主人公である藤田浩之は、普段は面倒くさがりでやる気のない青年なのですが、やるときはやる!!という感じが恰好良くて好感の持てる主人公です。特に体育祭のエピソード時の浩之は、思わず男でも惚れてしまう恰好良さを披露してくれます。ギャルゲによくあるウダウダ悩みまくる主人公が嫌いな人にもおすすめできる良主人公ですので、ギャルゲが好きじゃない人にもおすすめです。
 このアニメは、主人公の浩之よりどちらかというと幼馴染の神岸あかりの心情にスポットを当てて描かれています。そのため、原作よりあかりと浩之の幼馴染同士の距離感やつながりを感じることが出来て非常に面白いです。
 子供の頃から浩之のことを見つめ続けていたあかり。そんなあかりと幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた浩之。2人で積み重ねてきた思い出はとても大事なもので、どちらもお互いのことを大事に想っていることが伝わってきて心がほんわかする良作アニメですので、興味のある人は是非一度チェックしてみてください。

ニコニコ動画にMADがあったので興味のある人は是非見てみてください。
注意! ネタバレあります

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

おすすめwebコミック『ドラえも』

 『ドラえも』は国民的アニメ『ドラえもん』のパロディ漫画です。原作との違いは登場キャラたちが色々と改変されていて、のび太がイケメンのモテモテクール少年だったり、ジャイアンがナイスバディの勝気な幼馴染だったり、しずかちゃんは二重人格だったり、出来杉くんが男の娘だったりして、原作よりもかなり濃い微エロなラブコメ作品となっています。

 この作品では原作のようにのび太と周りのキャラたちのほのぼのした日常が描かれていているのですが、話の所々に色々なネタがちりばめられていたり、『ドラえもん』の劇場版に出てくるゲストキャラがレギュラー登場したりと、原作とは違った展開があって非常に面白いです。特に劇場版キャラたちが個性的で、下手したら原作のレギュラー陣よりも活躍していますw
 
 この作品の凄いところは、なんと278からすべてカラーで描かれている点です。話のクオリティを下げずに一枚一枚丁寧にカラーで描いている作者様には、本当に凄いとしか言い様がありません。
 お話の量も非常に膨大で、その数はなんと600を超えます。ですが、話の内容が非常に面白いので、それ程時間をかけることなくスラスラ読むことができると思います。ただこの作品、作中の初夢シリーズがちょっとエロい描写があるので、その点は気をつける必要があります。他には出来杉の男の娘化やジャイアンの女体化などに嫌悪感を抱くような人は気をつけたほうがいいと思います。
 原作とは違う、のび太を取り巻くドタバタラブコメっぷりが非常に面白い作品ですので、興味のある方は是非一度チェックしてみてください。おすすめです!


掲載サイト様を紹介します。
掲載サイトドラえも
(保管庫)

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

tag : webコミック ラブコメ

webコミック『人生ゲーム』

 今までwebコミックにそれ程興味のなかった私なのですが、この『人生ゲーム』を読んでその認識を改めることになりました。この作品はとにかく主人公が恰好良くて、話の展開も個人的にツボにはまるものばかりだったため、ついつい睡眠時間を削って読みふけってしまいました。
 この『人生ゲーム』という作品はネット小説でよくある転生もの作品と同じく、通り魔に殺された主人公が赤ん坊に転生(憑依)してもう一度新しい人生を歩むという物語です。ただ、この作品の転生先はよくある異世界ではなく、死後にすぐに転生(憑依)したのか、前世とほとんど変わらない現代を舞台に物語が始まります。  
 
 この作品では転生した主人公の第二の人生が、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学順に描かれています。年齢を重ねるごとに、大人の思考を持つ主人公が自身の能力をどんどん開発してチートな能力を発揮する様子は読んでいて非常に爽快です。また、主人公は子供の頃から周りの友人達の面倒を見ていたために、同級生なのにどこか保護者のような視点を持っていて、その様子が周りとのギャップを生んで見ていて思わず笑ってしまいます。
 登場人物達も魅力的で、幼馴染の女の子や、ライバル視してくるクラスメイト、スポーツ大好きな男友達や、学校の先輩生徒会長など、色々個性的な人物達が登場します。個人的に特に良かったのは男友達の『木村 久司』で、彼の得意の顔芸がめちゃくちゃツボにはまって大笑いしてしまいましたw
 
 この作品、5年という長い年月をかけて最近完結されたみたいです。お話も面白く、絵も上手で読みやすい素晴らしい作品ですので、この完結を機に今まで『人生ゲーム』を知らなかった人、または読んだことがある人も、もう一度この作品を読んでみることをおすすめします。特に、転生ものが大好きな人は是非チェックしてみてください! 




掲載サイト様の紹介です。

掲載サイト廃人への人生岐路
(web漫画サイト)
作者由家 様

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

tag : webコミック 完結 転生

おすすめアニメ 『銀河英雄伝説』

 『銀河英雄伝説』は田中芳樹先生の小説が原作の長編SFアニメで非常に有名な作品なのですが、かなり昔の作品のため、現在のアニメに慣れ親しんだ人の中には、銀河英雄伝説を見たことが無い人もいるようです。かくいう私の友達がその一人で、ある日、その友達にお薦めするアニメはないかと訊かれて、私は銀河英雄伝説を勧めました。当時の私は銀河英雄伝説を見終わったばかりでその面白さにすっかり魅了されていました。しかし、友達は 銀河英雄伝説と聞くと難色を示しました。私はどうして友達が難色を示すのか理解できず理由を訊ねたところ、友達の答えはこうです。

「え?だって銀河英雄伝説ってホモばっか出てくるアニメでしょ?」

ホモちゃうわ!!!!←心の叫び

 どうして銀河英雄伝説にそういった印象を持ったのか、またどうして銀河英雄伝説を見る気にならないのか友達に聞いたところ、その理由は
①登場人物が男ばかり
②古い作品なので絵が古い
③長すぎる(本編だけでDVD28巻)
の三つが理由のようです。(友達は登場人物が男ばかりの世界のため勝手にホモアニメと勘違いしたみたいです)
 確かに銀河英雄伝説にはこれら三つの要素があると思います。ただ、これらの理由でこの名作を観ないというのはあまりにももったいない作品だと思います。
 銀河英雄伝説は女性の登場人物が少なく、萌はないかもしれません。しかし多くの個性的な男達が登場し、それぞれ非常に魅力的に描かれています。そんな男達の生き様や信念、友情や絆、そして戦争の様子を描いたこの物語は非常にドラマチックで観ていて思わず涙が溢れてきます。
 本編は全110話にも及ぶ長編ですが、それだけの時間をつかって尚、価値のある大作アニメですので、まだ観たことが無い人、今まで観る気がなかった人は、少しでも興味を持てたなら、一度銀河英雄伝説を観てみてはいかがでしょう。最近のアニメとはまた違った面白さが見つかると思いますのでおすすめです!!


動画紹介
曲は銀河英雄伝説のものではないのですが、銀英伝のお気に入りMADです。最後の歌詞が泣けます(泣)
注意!!ネタバレがあります

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

おすすめ漫画『赤ちゃんと僕』

 今回、おすすめしたい作品は羅川真里茂先生の『赤ちゃんと僕』です。結構昔の漫画なのですが、話の内容は深く、今読んでも色あせない魅力がこの漫画にはあります。

 私は子供の頃からこの漫画を読んでいたので、個人的に非常に思い入れのある作品で、今でも偶に読み返しています。もちろん漫画は全巻本棚にあります!
 
『赤ちゃんと僕』は、母親を交通事故で亡くした榎木家、父親の春美と小学生の拓也、そして幼い実を中心に描いたハートフルホームコメディ物語です。
 
母親を失った榎木家が、育児の問題や片親の問題、その他色々と巻き起こる困難を、家族や周りの人々の力を合わせて乗り越える姿は、読んでいるこちらにも元気を分けてくれます。
 
また、話の一つ一つにテーマがあって、それは育児問題や家庭問題、恋愛の問題などがあり、それらがお話を非常に奥深いものにしていて、色々と考えさせられる内容となっています。
 
基本、小学生の拓也を中心に話が描かれるのですが、父の春美がメインのお話や、拓也の友人の藤井君メインのお話があったりと、他の登場人物達の意外な一面を見ることもできる非常に面白い作品です。
 
この『赤ちゃんと僕』なのですが、アニメ化もされています。アニメの方は子供の頃に観たため、あまり覚えていないのですが、歌だけは非常に印象に残っていました。今回、赤ちゃんと僕について書こうと思ったのも、偶々その歌を動画で見つけて、昔の思い出がこみ上げてきたからだったりします。
 
ギャグあり感動ありの名作なので、興味のある方は是非読んでみてください。今ならブックオフで安く買うことができるはずですからおすすめですよ。


アニメのエンディング曲『YOU』の動画です。興味のある方はどうぞ

遠い海から来たcoo

 去年の話なのですが、部屋の片付けをしようと思って数少ないVHSの整理をしたらなんとも懐かしい作品を見つけました。それがこの『遠い海から来たcoo』です。この作品、おそらく金曜ロードショーで放映されたやつを撮ったものだと思うのですが、あまりに懐かしくてついつい視聴。主人公の声に懐かしさを感じながら観ていたのですが………お話の最後には思わず涙が出てきてしまいました(涙)。
 
 このお話、主人公は12歳の小畑洋介という少年で、この洋介が嵐の翌朝に海の砂浜からプレシオサウルスの子供を発見することから始まります。そして、海洋生物学者である父の徹郎と話し合い、cooと名づけたプレシオサウルスの子供の母親役をすることになった洋介と、cooとの触れ合いや絆を描いた感動傑作です。
 
このcooなのですが、泳ぐ姿や仕草が非常に可愛らしくて、観ていてとっても和んでしまいます。動物が好きな人にはcooはとても可愛らしく魅力的に感じること間違いありません。このcooの可愛らしさは間違いなくこの作品の魅力の一つだと言えるでしょう!
 
 もちろんこの作品の魅力それだけではなく、物語の中盤からはcooを狙う大人達が登場したり、フランスの核実験や自然問題が関係したりと話の内容がとても奥深いものなのも魅力の一つです。
 エンディング曲も非常に良くて、曲は松任谷由美さんの「ずっとそばに」です。思わず涙が流れてしまう位いい曲で、エンディングでは実際涙腺が緩んでしまいました………。
 
 この作品は大人も子供も楽しんで観ることができる作品なので、もしどこかでこの作品を見かけたら是非手にとってみてください。おすすめですよ!

ニコニコ動画にMADがあったので興味のある方はどうぞ。注意!!ネタバレあり!!

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

今日からコツコツ 初めてのブログ

初めてブログを作りました。
これからコツコツとこのブログを形にしていきたいと思います。

好きなアニメや漫画、ネット小説等をこのブログで紹介していきたいです。

その他にも興味のある出来事をのんびりと報告していきたいとおもいます。
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ

長編 完結 ハーレム 異世界ファンタジー 再構成 学園 転生 音楽 更新停止 中編 コメディ ラブコメ ヒロイン複数 勘違い SF 主人公最強 ヤンデレ webコミック 逆行 クロスオーバー 憑依 TS 恋愛ファンタジー VRMMO VRMMORPG 現代SF 

ブログランキング
アクセスカウンター
おすすめネット小説情報広場へようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。